登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/03/2018  Report by Stuart Mathieson
ページ 2 / 6 « 戻る 次へ » 

ユナイテッド2-1リヴァプール

最後にラッシュフォードがプレミアリーグ戦に先発出場したのは、昨年のボクシングデイに行なわれたバーンリー戦まで遡る。そのラッシュフォードを先発に起用するあたり、流石のモウリーニョ監督と言える。20歳のラッシュフォードは、24分までに、マークについたトレント・アレクサンダー・アーノルドを引きはがし、オールド・トラッフォードを揺らした。

まずは14分、ダビド・デ・ヘアのロングキックをロメル・ルカクが収めてラッシュフォードに通すと、ラッシュフォードはアレクサンダー・アーノルドを振りほどいて右足によるシュートを突き刺した。

反対にリヴァプールが誇るサディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノには決定的な仕事をさせなかったユナイテッドだったが、DFのフィルヒル・ファン・ダイクがボックス内でヘディングシュートを放ったものの肩に当たってコースが変わった。これがもし決まっていたら、内容は別物になっていたかもしれない。

ミスを繰り返したリヴァプールに対し、ユナイテッドは好機を逃さなかった。再びルカクが起点になると、フアン・マタにパス。このボールが流れてラッシュフォードの足元に転がると、先制点と同様に右足で

ページ 2 / 6 « 戻る 次へ »