登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/02/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

ヤングは僅差の敗戦を悔やむ

アシュリー・ヤングは2-1で敗れたストーク戦後、失望感を隠さず悔しさを露わにした。

ディフレクトしたチャーリー・アダムのFKが決まって先制点を許したユナイテッドは、後半早々にロビン・ファン・ペルシーの同点ゴールで追いついた。しかし、再びアダムにロングレンジからのシュートを決められ、その後は決定機を生かせず。

ジョニー・エヴァンス、フィル・ジョーンズが負傷交代となるなど不運が重なったユナイテッドだが、ヤングはストークに勝ちこされてもプレッシャーを感じなかったという。

「ゴール付近まではボールを運べていたからね。シュートを決めたかったけれど、今日は出来なかった。違う試合でなら3,4点は決められていたかもしれない」

「相手のゴールはディフレクションとロングシュートから生まれたもの。チャンスを多く作れていたのに負けたのだから、残念だよ」

「今日のような形でDF2人を失ったのは痛いね。ようやく負傷者も戻ってきたばかりだし、残念。それでも後半が始まってすぐに同点に追いつけた時は、いけると思った。結果的に逆転出来なくて、ドレッシングルーム内の空気も重苦しかった」

ページ 1 / 2 次へ »