登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

22/12/2017  Report by Michael Carrick Foundation
ページ 1 / 3 次へ » 

顕彰試合での支援に感謝

今夏開催されたマイケル・キャリック顕彰試合で、150万ポンド(約2億2700万円)もの寄付金が集まった。集まった寄付金は、マイケル・キャリック財団を通じ、キャリックが選択する慈善団体に寄付される。

2017年6月4日にオールド・トラッフォードで開催された顕彰試合は、マンチェスター・ユナイテッド08イレブン対マイケル・キャリック・オールスターズで行なわれ、7万人もの大観衆がスタジアムに集まった。

キャリック自身が試合を通じて最後の得点を決め、顕彰試合は2-2のドローに。2008年にプレミアリーグとチャンピオンズリーグ優勝を飾ったファン人気の高い選手がプレーしたほか、サー・アレックス・ファーガソンも久々にダグアウトに戻った試合として、記憶に残っている。

キャリックは試合前、顕彰試合の主旨に賛同してくれた選手、観客の前で挨拶し、これまでのキャリアを通じてサポートしてくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。そして、今年の5月にマンチェスターで、そして6月にロンドンで発生したテロ事件での犠牲者を悼み、1分間の黙とうが捧げられた。

ページ 1 / 3 次へ »